マッサージクレンジングにチャレンジ

以前は、「クレンジング時にマッサージすると、メイクの色素が沈着してしまうからNG」とよく言われていましたが、今はクレンジング剤の性能がよくなっているので、1度浮き上がった色素が肌に戻る心配は少なくなっています。もちろんマッサージ可となっているクレンジングを選べばさらに安心。濃いアイメイクは事前に落とし、マッサージクレンジングに挑戦してみましょう。

 

クレンジングは毎日行なうものですから、マッサージクレンジングに時間をかける必要はありません。メイクが馴染む2分程度が目安。クレンジングの量は指すべりのために若干多めくらいにし、額、両方の頬、鼻の頭、顎においたら、眉間から左右の額、こめかみから下におりて唇脇から左右の頬、鼻筋、小鼻、顎、といったようにくるくると円を描くように伸ばしていきます。こめかみを通るときにぎゅっと強めに押すと気持ちいいですよ。

 

とにかく指先は力をいれず、こすらずに動かします。汚れがたまりがちな部分はつい力をいれたくなってしまいますが、こすりたくなったら代わりに「優しく数秒押さえる」ようにしてみてください。入浴時に使えるタイプのクレンジングなら、お風呂や美顔器でスチームをあてながら行なうのもおすすめです。